新規会員登録

  • 利用規約の確認
  • メールアドレス確認
  • 申請内容の入力
  • 管理者による承認

利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といい、第2条(定義)4号に定める内容を意味します。)は、Warlent(以下、「本サービス」といい、第2条(定義)1号に定める内容を意味します。)が、当ウェブサイト(https://warlent.com)(以下、「当ウェブサイト」といいます。)上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下、「ユーザー」とい います。)には、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。
本サービスをユーザーとしてご利用になる方は、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意しこれを遵守することが条件となります。ユーザーは本サービスを実際に利用することによって、本規約に同意をしたものとみなされます。


第1条(適用)

1.本規約は、本サービスの提供条件と、本サービスとユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的として、ユーザーと本サービスの利用に関わるすべての関係に適用されます。
2.本規約のほか、当ウェブサイト上で掲載する本サービスの利用に関するルール、各種規定(ヘルプ、投稿、FAQも含みます。)(以下、「各種規定等」といいます。)は、本規約の一部を構成するものとします。
3.本規約の内容と、前項の各種規定等との内容が異なる場合は、各種規定等が優先して適用されるものとします。


第2条(本サービスの内容・概要)

1.本サービスは、設備の貸与を希望する貸主と、設備の借主のマッチングプラットフォームを提供するサービスです。ユーザーは、設備の貸与に関する情報を共有することができます。ユーザーへ提供される本サービスの具体的内容は、別途当ウェブサイトに掲載する内容となります。
2.本サービスにおいてユーザーに提供する内容は、以下の各号となります。
(1)本サイトの管理および運営
(2)貸出設備情報の掲載および削除およびそのサポート
(3)借主からの問い合わせ、申込み、予約の変更・取消、苦情その他の連絡に対する貸主の対応へのサポート
(4)貸出料金の受領代行
(5)その他、本サービスにおいて提供を決定した内容
3.設備の貸与に関わる個別契約は、貸主と借主との間で直接締結され、実際の設備の貸与も貸主と借主との間で直接行われるものとします。
4.本サービスは、自ら前項に定める設備の貸与を行うものではありません。本サービスは、設備貸与の個別契約の成立、解除、その内容および遂行等に関する行為には一切関与せず、ユーザー間の取引に関して、理由を問わず一切の責任を負いません。
 


第3条(利用登録)

1.登録希望者が本規約および各種規定等を守って本サービスを利用することに同意した上で、本サービスの定める方法によって利用登録を申請することができます。
2.本サービスへの登録は、本サービスが申請をを承認することによって、利用登録が完了するものとします。
3.本サービスは、登録申請を行った登録希望者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録および再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。
(1)申請した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
(2)登録希望者が、過去、本サービス上の契約に違反した者または本規約に違反したことがある者およびその関係者であると本サービス側が判断した場合
(3)登録希望者が、未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(4)登録希望者が、反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると本サービス側が判断した場合
(5)第15条(利用制限および登録抹消)に定める措置を受けたことがある場合
(6)その他、本サービス側が登録を適当でないと判断した場合

第4条(ユーザーID、パスワードの管理)

1.ユーザーは、自己の責任において本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとし、これを第三者に利用させること、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。本サービスは、ユーザーIDとパスワードの組み合わせが一致してログインされた場合には、ユーザー自身によるログインとみなします。
2.ユーザーは、ユーザーIDまたはパスワードが第三者に漏洩または使用された疑い等のある場合には、直ちに本サービス側にその旨連絡するとともに、本サービスからの指示がある場合にはその指示に従うにものとします。
3.ユーザーIDまたはパスワードの管理不十分または第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負うものとし、本サービスは理由を問わず一切の責任を負いません。これらの事由により本サービスに損害が生じた場合、ユーザーはその損害を賠償する責任を負うものとします。


第5条(登録事項の変更)

ユーザーは、登録事項に変更があった場合、本サービスの定める方法により変更のあった事項を遅滞なく本サービスに通知するものとします。この通知を怠った場合、本サービスの利用が出来なくなる場合があることを、ユーザーは理解しているものとします。
 


第6条(本サービスの利用)

1.ユーザーは、本規約の目的の範囲内かつ本規約に違反しない範囲内で、本サービスの定める方法に従い、本サービスを利用することができます。
2.ユーザーは、本サービスの利用にあたり、本サービス運営者に対して、設備シェアリング料金の受領を代行する権限を付与するものとします。
3.本サービスの提供を受けるために必要な機器、通信回線その他の通信環境等の準備および維持は、ユーザーの費用と責任において行うものとします。本サービスは、これらに対して、理由を問わず一切の責任を負いません。
4.ユーザーは自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。本サービスは、これらに対して、理由を問わず一切の責任を負いません。
5.ユーザーの本サービスの利用にあたり、第三者の名誉を毀損した場合、プライバシー権を侵害した場合、著作権法に違反する行為を行った場合、その他他人の権利を侵害した場合、ユーザーは自身の責任と費用においてこれを解決しなければならず、本サービスは、理由を問わず一切の責任を負いません。
6.貸主は、本サービスの利用にあたり、以下の各号の行為を行わねばなりません。これらの各号のいずれかを行わなかった場合に、本サービスの利用に支障が生じることを理解しているものとします。
(1)貸し出したい設備の情報の本サービスへの掲載
(2)借主からの問い合わせ、申込み、予約の変更・取消、苦情、その他の連絡に対する対応
(3)借主との設備シェアリング個別契約の締結およびその適切かつ誠実な履行
7.本サービスは、ユーザーが本サービスの利用により送受信したメッセージ、その他の情報を運営上一定期間保存していた場合といえども、これらの情報を保存する義務を負うものではありません。ユーザーが、これらの情報を自己により保存しないことを起因としてユーザーに生じた損害について、理由を問わず一切の責任を負いません。
8.本サービスは、本サービス運営者の判断で自由に本サービスに本サービス運営者または第三者の広告を掲載することができるものとします。


第7条(設備シェアリング契約)

1.設備シェアリング契約は、借主と貸主との当該シェアリング設備の借用に関する意思の合致により成立するものとします。
2.設備シェアリング契約成立の後における、当該設備シェアリング契約の遂行は、貸主により借主に対して、貸主の責任において行われるものとします。
3.設備シェアリング契約成立の後における、当該設備シェアリング契約の内容変更または解除は、貸主と借主との明確な同意により、当該当事者の責任によって行うことができるものとします。
4.前項に定める設備シェアリング契約の内容の変更または設備シェアリング契約の解除を行ったときには、貸主は、直ちに本サービス側に対し、本サービスが提供する方式により報告しなければなりません。
5.設備シェアリング契約は、貸主と借主との間において成立し遂行されるもので、本サービスは、設備シェアリング契約の成立、遂行、変更または解除等について、第8条(借主の本サービス利用料の負担)、第9条(貸主の本サービス利用料の負担)および第10条(貸主への設備シェアリング料金の支払い)に定める内容を除き、理由を問わず一切の責任を負いません。
6.設備シェアリング契約について、貸主と借主もしくは第三者との間に生じたトラブルについては、貸主と借主が当事者としてこれを解決するものとし、本サービスは、理由を問わず一切の責任を負いません。

第8条(借主の本サービス利用料の負担)

1.借主は、貸主と設備シェアリング契約により合意した設備シェアリング料金およびサポート料金を、下記の各号に従い、支払うこととします。
2.借主は、前項各号に定める金銭の支払いは、本サービス側が本サービスにおいて提供する以下の各号の方法によって支払うこととします。
(1)クレジットカード(Visa / MasterCard / JCB / AMEX / DINERS)決済
(2)銀行振込(前払い)
3.前項に定める支払いシステムによる支払いおいて本サービスは、貸主を代行し、借主からの設備シェアリング料金およびサポート料金を受領し、貸主に対しての支払いを行います。ユーザーは、本サービス側の代行について本規約への同意により同意するものとします。
4.本条に定めのない、料金および支払方法の規定は、別途本サービス運営者が決定し、当ウェブサイト上に掲載するものとします。


第9条(貸主の本サービス利用料の負担)

1.貸主は、本サービスを利用して設備シェアリング契約を成立させた場合、本サービス側に対して、本サービスのシステム利用の対価として、当該契約にて決定した設備シェアリング料金の 15 %に相当する額およびこれに要する消費税を、システム利用料として支払うものとします。
2.前項に定めるシステム利用料の支払いは、前条第3項にしたがって、本サービス側が貸主に代行して受領した設備シェアリング料金の第11条(貸主への設備シェアリング料金の支払い)に定める本サービスから貸主への支払いの際に、本サービス側が当該システム利用料の金額を差し引くことで支払われるものとします。
3.本条に定めのない、料金および支払方法の規定は、別途本サービスが決定し、当ウェブサイト上に掲載するものとします。


第10条(貸主への設備シェアリング料金の支払い)

1.本サービスから貸主に対する設備シェアリング料金の支払いは、貸主の指定する銀行口座への振込みにより支払うものとします。この際の振込手数料等の費用については、一律440円貸主が負担するものとします。
2.本条に定めのない、料金および支払方法の規定は、別途本サービスが決定し、当ウェブサイト上に掲載するものとします。


第11条(返金の対応)

1.設備シェアリング契約の変更または解除によって、本サービスが第9条(借主による料金の支払い)の定めにより、貸主を代行し受領した設備シェアリング料金を借主へ返金する必要が生じた場合、貸主は、本サービス運営者が本サービスにおいて提供する方式により本サービス側へ、当該返金に関する事項を連絡(以下、「返金連絡」といいます。)するものとします。
2.本サービス側は、返金連絡を受けたときには、速やかに該当する借主へ当該連絡の内容に従い、銀行口座への振込みにより返金を行います。この際の振込手数料等の費用負担は、貸主からの返金連絡に従うものとします。
3.本サービスが返金を行うときに、借主へ返金を行う銀行口座の情報を問い合わせた場合、問い合わせを受けた借主は、速やかに銀行口座の情報を本サービスへ提供するものとします。
4.本条に定める返金の対応によって貸主と借主との間に生じたトラブルについては、貸主と借主が当事者としてこれを解決するものとし、本サービス側は、理由を問わず一切の責任を負いません。


第12条(禁止事項)

1.ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると本サービスが判断する行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(4)他のユーザーに関する個人情報等を不正に収集または蓄積する行為および第三者へ開示または提供する行為
(5)他のユーザーに対する各種SPAM行為
(6)他のユーザーに成りすます行為
(7)第三者に本サービスを利用させる行為
(8)本サービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(9)本サービス、他のユーザーまたは第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉その他の権利または利益を侵害する行為
(10)設備シェアリング情報に虚偽の内容を掲載すること
(11)本サービスを利用して設備シェアリングとは関係のない商品・サービスの営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(本サービス側の認めたものを除きます。)、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
(12)ユーザー間における本サービスを介さずに行う直接取引またはそれを勧誘する行為
(13)当ウェブサイトおよび本サービスを利用して、他のユーザーを自己または第三者のウェブサイトに誘導する等の行為
(14)本サービスのサーバーやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為、類似または同様の問い合わせを必要以上に繰り返す等、本サービスに対し不当な要求をする行為、その他本サービスの運営または第三者によるサービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為
(15)故意、過失を問わず本サービスのシステム利用料の支払いを逃れること
(16)自ら本サービスと競合するサービスを行うこと
(17)上記(1)から(16)のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
(18)その他、本サービスが不適切と判断する行為
2.前項各号にあたる行為を行ったと本サービスが判断した場合、本サービスは、ユーザーに事前に通知することなく、それらの行為に該当する設備シェアリング情報の全部または一部を削除すること、およびそれらの行為を行ったユーザーに対し、本サービスの利用を一時的に停止すること、設備シェアリング料金の支払留保、借主への返金、貸主と借主の間の交渉を目的とした氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報の開示、その他本サービスが必要と判断する措置ができるものとします。
3.本サービスは、本条に基づき本サービスが行った行為により、ユーザーまたは第三者に生じた損害について、理由を問わず一切の責任を負いません。


第13条(保証の否認および免責事項)

1.本サービスは、本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、品質、安全性、適法性、有用性等を有すること、ユーザーによる本サービスの利用がユーザーに適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
2.当ウェブサイト等から第三者のウェブサイトへのリンクが提供されている場合、または第三者のウェブサイトから当ウェブサイト等へのリンクが提供されている場合といえども、本サービスは、当ウェブサイト等以外の第三者ウェブサイトにおける情報に関して、何ら保証するものではなく、理由を問わず一切の責任を負いません。
3.本サービス運営者は、本サービスに起因して本サービス内外問わず、ユーザー間にトラブルがあった場合、当該トラブルは当事者間で解決するものとし、本サービス運営者は理由を問わず一切の責任を負いません。
4.本サービス運営者は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
5.本サービスは、ユーザーとその他第三者との間に発生するあらゆる事象、トラブル、紛争、損害に関して、理由を問わず一切の責任を負いません。


第14条(本サービスの提供の停止等)

本サービスは、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止することができるものとします。また本サービスの提供の停止によりユーザーまたは第三者に生じた損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)本サービスの提供に必要な設備の障害等により本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
(5)その他、本サービス運営者が本サービスの提供が困難と判断した場合


第15条(利用制限および登録抹消)

1.本サービスは、ユーザーが、以下のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知なくユーザーについて本サービスの利用の一時的停止、または、ユーザーとしての登録の抹消をすることができるものとします。
(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)ユーザーが、死亡した場合または後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合
(4)ユーザーが、破産、民事再生、会社更生または特別清算の手続開始決定等の申立がなされたとき
(5)本サービス運営者からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合
(6)第3条(利用登録)第3項各号に該当する場合
(7)その他、本サービス運営者が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
(8)ユーザーが債務超過、無資力、支払停止又は支払不能の状態に陥った場合
(9)登録した金融機関の口座に関して違法又は不適切その他の問題があることが当該金融機関による指摘その他により判明した場合
2.前項各号のいずれかに該当した場合、ユーザーは本サービスに対する一切の債務について期限の利益を失い、その時点において負担する一切の債務を直ちに一括して弁済しなければなりません。
3.前々項各号のいずれかに該当し、ユーザーとしての登録の抹消が行われた場合、ユーザーが貸主として掲載した設備情報は、本サービス運営者により本サービスから削除されるものとします。
4.本サービスは、本条に基づき本サービス側が行った行為によりユーザーまたは第三者に生じた損害について、理由を問わず一切の責任を負いません。


第16条(退会)

1.ユーザーが本サービスからの退会を求める場合、退会を希望する旨を 問い合わせ、本サービスが退会を認めた場合、退会することができるものとします。
2.ユーザーによる退会にあたり、本サービスに対して負っている債務がある場合は、ユーザーは債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに本サービス側に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
3. 本サービスは、本条の措置により生じうる損害について何らの責任を負わないものとします。


第17条(権利帰属)

1.当ウェブサイト等および本サービスに関する所有権および知的財産権は全て本サービスまたは本サービスにライセンスを許諾している者に帰属しており、サービス利用契約に基づく本サービスの利用許諾は、当ウェブサイト等または本サービスに関する本サービスまたは本サービスにライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
2.ユーザーは、本サービスを通じて自らが投稿および送信を行った文章、画像、動画その他のデータ(以下、「コンテンツ」といいます。)について、投稿または送信することについての適法な権利を有していること、および第三者の権利を侵害していないことについて、本サービスに対し表明し、保証するものとします。
3.ユーザーは、本サービスを通じて自らが投稿および送信したコンテンツについて、投稿または送信を行った時に、本サービスに対し、無償および無制限の利用許諾を行うものとし、本サービス側は、当該コンテンツを本サービスにおいて利用すること、および本サービスに関する広告(パンフレット、チラシ、雑誌等の紙媒体やインターネット等の電子媒体等)に掲載することができるものとします。


第18条(個人情報等の取扱い)

1.本サービスによるユーザーの個人情報等の取扱いについては、本サービスが別途掲載するプライバシーポリシー(https://warlent.com/guide/privacy)※に従い、適切に取り扱います。
2.本サービスは、ユーザーが本サービスに提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、本サービス側の裁量で、利用および公開することができるものとし、ユーザーはこれに異議を唱えないものとします。
3.本サービス運営者は、本サービスの運用において、ユーザー情報を、第三者企業へ提供することがあります。サービス利用者は、本利用規約の同意により当該第三者提供について同意するものとします。


第19条(利用規約の変更)

1.本サービスは、ユーザーに通知することなく自由に本規約を変更または追加できるものとします。
2.前項に基づき、本規約を変更した場合、当ウェブサイトに提示することによってユーザーに通知するものとします。当該変更内容の通知後、ユーザーが本サービスを継続利用した場合には、当該ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなされます。


第20条(通知または連絡)

1.本サービスに関する本サービス側からユーザーへの連絡は、当ウェブサイトへの掲示、その他本サービスの定める方法により行うものとします。
2.本サービスに関するユーザーから本サービスへの連絡は、当ウェブサイトに設置するお問い合わせフォームの送信またはその他本サービスの定める方法によって行うものとします。


第21条(サービス利用契約上の地位の譲渡等)

1.ユーザーは、当社からの書面による事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
2.本サービスは、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利および義務ならびにユーザーの登録事項その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に承継することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。


第22条 電子メールの受・発信

1. ユーザーは、ユーザーとして本サービス側と電子メールの受・発信を行う場合、本サービスに登録したメールアドレスと同一のメールアドレスを使用するものとします。
2. ユーザーが本サービスに登録したメールアドレスと異なるメールアドレスにて受・発信を行った結果、当該ユーザーに不利益、損害が発生しても、本サービスはその責任を負わないものとします。
3. 本サービスがサイト上に掲載し又はユーザーに送る電子メール内の情報については、本サービスが選択及び決定できるものとします。
4. ユーザーからの電子メールに返信を行う場合、本サービス指定の方法により返信するものとします
5. 本サービス指定の方法と異なる方法にて返信を行った場合、当該ユーザーに不利益、損害が発生しても、本サービスはその責任を負わないものとします。
6. ユーザーとして発信する電子メールの本文中の記載内容については、ユーザー本人の責任に基づくものとします。


第23条 商品等の広告

商品等の広告に関しては商品等の販売、提供会社から提供された資料に基づき作成されており、本サービスは、広告記載内容に関して何等の責任も負わないものとし、ユーザーはこれをあらかじめ了承するものとします。


第24条(損害賠償)

ユーザーは、本規約に違反することにより、または本サービスの利用に関連して本サービス側に損害を与えた場合(当該行為が原因で、第三者へ損害を与え本サービス側がその第三者からの損害賠償を求められた場合を含みます)、本サービス運営者に対しその全ての損害(弁護士等専門家費用及び本サービス運営者において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。


第25条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。


第26条(準拠法・裁判管轄)

1.本規約の準拠法は日本法とします。
2.本サービスに関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第27条(協議解決)

本サービスおよびユーザーは、本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

2020年10月17日制定
以上

ページ先頭へ戻る
読み込み中です