利用規約

  • 第12条(禁止事項)

    1.ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると本サービスが判断する行為をしてはなりません。
    (1)法令または公序良俗に違反する行為
    (2)犯罪行為に関連する行為
    (3)本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
    (4)他のユーザーに関する個人情報等を不正に収集または蓄積する行為および第三者へ開示または提供する行為
    (5)他のユーザーに対する各種SPAM行為
    (6)他のユーザーに成りすます行為
    (7)第三者に本サービスを利用させる行為
    (8)本サービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
    (9)本サービス、他のユーザーまたは第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉その他の権利または利益を侵害する行為
    (10)設備シェアリング情報に虚偽の内容を掲載すること
    (11)本サービスを利用して設備シェアリングとは関係のない商品・サービスの営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(本サービス側の認めたものを除きます。)、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
    (12)ユーザー間における本サービスを介さずに行う直接取引またはそれを勧誘する行為
    (13)当ウェブサイトおよび本サービスを利用して、他のユーザーを自己または第三者のウェブサイトに誘導する等の行為
    (14)本サービスのサーバーやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為、類似または同様の問い合わせを必要以上に繰り返す等、本サービスに対し不当な要求をする行為、その他本サービスの運営または第三者によるサービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為
    (15)故意、過失を問わず本サービスのシステム利用料の支払いを逃れること
    (16)自ら本サービスと競合するサービスを行うこと
    (17)上記(1)から(16)のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
    (18)その他、本サービスが不適切と判断する行為
    2.前項各号にあたる行為を行ったと本サービスが判断した場合、本サービスは、ユーザーに事前に通知することなく、それらの行為に該当する設備シェアリング情報の全部または一部を削除すること、およびそれらの行為を行ったユーザーに対し、本サービスの利用を一時的に停止すること、設備シェアリング料金の支払留保、借主への返金、貸主と借主の間の交渉を目的とした氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報の開示、その他本サービスが必要と判断する措置ができるものとします。
    3.本サービスは、本条に基づき本サービスが行った行為により、ユーザーまたは第三者に生じた損害について、理由を問わず一切の責任を負いません。


ページ先頭へ戻る
読み込み中です