利用規約

  • 第7条(設備シェアリング契約)

    1.設備シェアリング契約は、借主と貸主との当該シェアリング設備の借用に関する意思の合致により成立するものとします。
    2.設備シェアリング契約成立の後における、当該設備シェアリング契約の遂行は、貸主により借主に対して、貸主の責任において行われるものとします。
    3.設備シェアリング契約成立の後における、当該設備シェアリング契約の内容変更または解除は、貸主と借主との明確な同意により、当該当事者の責任によって行うことができるものとします。
    4.前項に定める設備シェアリング契約の内容の変更または設備シェアリング契約の解除を行ったときには、貸主は、直ちに本サービス側に対し、本サービスが提供する方式により報告しなければなりません。
    5.設備シェアリング契約は、貸主と借主との間において成立し遂行されるもので、本サービスは、設備シェアリング契約の成立、遂行、変更または解除等について、第8条(借主の本サービス利用料の負担)、第9条(貸主の本サービス利用料の負担)および第10条(貸主への設備シェアリング料金の支払い)に定める内容を除き、理由を問わず一切の責任を負いません。
    6.設備シェアリング契約について、貸主と借主もしくは第三者との間に生じたトラブルについては、貸主と借主が当事者としてこれを解決するものとし、本サービスは、理由を問わず一切の責任を負いません。

ページ先頭へ戻る
読み込み中です